★北海どんどんのお取り寄せ★
「世界一美味しい海産物を直送!!」★


北海道グルメはおいしいものばかり、全国に
北海道ブランドが浸透しているほど
ファンが多いのもうなづけます。
品質は確かだが少しでも安く買いたい人は
毎回7%割引(北海道グルメ大使は12%割引)
で購入できるこちらをオススメします。



◆お急ぎ下さい! ◆前代未聞の7ティア◆
北海道グルメアフィリエイト◆


■覆面調査モニター・ミステリーショッパー
で報酬ゲット!▼▼▼
◆グルメもショッピングも最大100%キャッシュバック!◆


◆これぞクーポン!!高額キャッシュバックGETの方法◆



フットスパを楽天で検索してみるならコチラ★

★藤原紀香も使ってる足湯はコチラ★

スチームフットバス



遠赤外線ヒーターとスチームで足先から全身温まり、温かさが持続

●遠赤外線とスチームのW温熱パワー
遠赤外線ヒーター搭載で、これまでのスチーム式やお湯式と比べ、
さらに温め効果がアップ。
足先から身体の芯までポカポカ汗ばむほどに温まり、温かさが持続。
足先からのつらい冷えの悩みをやわらげます。

●<新機能>4つの温めモードで、好みにあった温まり方ができる
スチームの温度調節や追いだき機能、さらに新機能4つの温めモードなど、お好みに合わせた多彩な温まり方が楽しめる

●コンパクトサイズで省スペース
置き場所に困らないコンパクトサイズを実現
ナショナル従来品と比べ、体積約30%・奥行約20%カットのコンパクトサイズ。
扱いやすく、使用時も収納時も置き場所の省スペースを実現しました。

●コップ一杯の水で準備カンタン、操作もラクなリモコン式
コップ一杯分 (約100ml) の水で準備OK
準備はコップ1杯分の水でOKです。後片づけも中を拭くだけ。
お湯式のように重いお湯を入れたり捨てたりする手間がない。
サッと温まってそのままサッと眠ることもでき、
この手軽さもスチーム式ならではのものです。

●楽な姿勢で操作できる
使いながら姿勢を変えずに手元で操作できるリモコン付。
リビングで、個室で、テレビや読書をしながら、気軽に使えます。

商品の説明
◆遠赤外線とスチームのW温熱パワーで足先から全身温まります。
遠赤外線ヒーター搭載で、これまでのスチーム式やお湯式と比べ、
さらに温め効果がアップしました。

足先から身体の芯までポカポカ汗ばむほどに温まり、温かさが持続。
足先からのつらい冷えの悩みをやわらげます。

◆コンパクトサイズで置き場所、省スペース。従来品と比べ、
体積約30%・奥行約20%カットのコンパクトサイズ。
扱いやすく、使用時も収納時も置き場所の省スペースを実現しました。

◆コップ一杯分(約100mL)の水でOK。準備はコップ1杯分の水でOK。
後片づけも中を拭くだけだから、お湯式のように重いお湯を入れたり
捨てたりする手間がありません。サッと温まってそのままサッと眠ることもでき、
この手軽さはスチーム式ならではです。

◆リモコン式で楽な姿勢で操作ができます。
使いながら姿勢を変えずに手元で操作できるリモコン付。
リビングで、個室で、テレビや読書をしながら、気軽にお使いいただけます。

コード長さ:2m使用可能
足サイズ:29cmまで(足の実際寸法)
タンク容量:約100ml
温度設定: 約42℃~約46℃までの5段階  約47℃で約5分間の追い炊き機能付
モード設定:遠赤外線スチーム浴(しっかり・標準)/スチーム浴(しっかり・標準) / 
■ 仕 様 
■電源:AC100V(50/60Hz)
消費電力:680W
寸法(約):幅40×奥行42×高さ38cm(ふた付)
質量:約4.4kg(ふた付) /

フットバスは豪華に足湯温泉

フットスパやフットバスは家庭でできる足湯です。

でも、たまにはお出かけして、足湯温泉を楽しんでみるのも

いいですよね?

★首都圏の日帰りで行ける足湯を見てみるならコチラ★


★北関東の日帰りで行ける足湯を見てみるならコチラ★



頭寒足熱とは

頭寒足熱は最も手軽にできて優れた健康法です。

特に秋から冬にかけては気温が上がらす寒い日が続きますと頭寒足熱を意識した生活の素晴らしさがよくわかります。

今の新築の家では床暖房が当たり前のように入れられていますね、床暖房が安い価格で普及する前はエアコンが窓の上や天井に設置されていました。

これは主に夏の暑さ対策なのです。

徒然草で有名な吉田兼行は家は夏を旨とすべしと書いてある名残なのでしょう。

当たり前の話ですが、暖かい空気は軽い為上昇し、逆に冷たい空気は重たい為下降します。

窓の上や天井にエアコンがあるのは夏には効果的なのです。

しかし、冬は頭上ばかりが暖かく、足下は暖かくなりません。

だからエアコンの設定温度をあげないと暖かく感じないし、足を毛布でくるんだりしてしまうのです。

石油ストーブや電気ストーブも効果的とは言えないです。

寒い時期に効果的なのは足や足裏を直接暖める暖房器具です。

電気こたつやホットカーペットで足裏が暖かさを感じていれば室温を上げることで体全体で感じる体感温度は低くてもいいのです。

また、外出から帰ってきたら真っ先にお風呂に行き、靴下を脱いで冷たくなった足を暖めるという方法もあります。

でも、見たいテレビがあったり、お風呂を沸かすのに時間がかかったりするのがイヤだという方には

フットスパやフットバスがおすすめです。


今でも大多数の住まいは窓は一枚ガラスでできておりこの窓ガラスからの夏場の熱の流入、冬場の熱の逃げは屋根や外壁などと比べて最も大きいのです。

新築の住宅ではペアガラスが主流になってきましたが、アメリカやカナダや韓国では当たり前なんです。スウェーデンやロシアではトリプルガラスです。
それでも、屋根や外壁と同じくらいの断熱性能にはならないのです。

これは家を建てるときに断熱性が高い木製サッシや樹脂サッシごとつけないと後でリフォームって訳にはいきません。高くつきます。
いくら室内を冬に暖かくしたり夏に冷たくしても熱が逃げたり入ってきたりしたらエネルギーの無駄です。

高断熱は窓が最も大切なんです。

ちなみにマンションは高気密ですが、窓が一枚ガラスで低断熱なので最低でもペアガラスの物件やインナーサッシを付ければよいです。

これから家を持ちたいと言う方は床全体が暖まり、同時に換気ができるOMソーラーハウスや高樹沙耶さんが家を建てるときに採用したそよかぜというシステムがいいですよ。

マンションなら床暖房がついてなければ電気式のホットカーペットですが電気代が高くつきます。

それよりも低予算のフットスパやフットバスはおすすめです。

頭寒足熱、是非お試しください。

足があたたかいと体も


フットスパやフットバスは手軽な暖房器具って知ってました?

エアコンで部屋の室温を上げると乾燥することもさることながら、頭の方ばかり暖かくなって足下はちっとも暖かくなりません。

電気代をかけてこれじゃ効率的でないし、環境にも悪いです。

その点、フットスパやフットバスなら足を直に暖めますから体が体感する温度が上がり、室温を上げる必要がないのです。

室温に差がなければ、よく事故がおきる風呂やトイレの急激な温度変化も気にならなくなります。

足が冷えてきたら、またフットスパで暖めればよいです。

我が家では今年の冬はエアコンなしで、フットスパだけで過ごそうと思ってます。

寝つきが悪い人には


ふとんやベットにはいってもなかなか眠れない寝付きの悪い人って結構いますよね?

眠れないから寝酒をするなんて人もいるくらいです。

そういう人はたいがい足が冷たくなって布団やベットに入っていませんか?

足が冷たいうちはなかなか眠れないんですよ。

そういう人にもフットスパはおすすめです。

ただし、フットスパに足をつけながら寝ないようにしてくださいね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。